忍者ブログ

腰痛アカデミーの評判は?

腰痛改善するなら腰痛アカデミーがお勧めです!

カテゴリー「腰痛アカデミー」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

腰痛アカデミー 実践

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式


素人の考え方で行動すると、更に悪化します 



今より悪化させないために、正しい行動をとって下さい。



貴方は、でん部の中心部に痛みがあるとします。



○でん部の中心部が痛い場合(仙腸関節炎等の原因)
中心から7cm外、背中側から6cm中、腰椎4番の位置が原因で痛みがあります。





痛みを消すには、
中心から7cm外、背中側から6cm中、腰椎4番の位置
緊張した筋肉を軟らかくしないと痛みが消えません。

腰の奥深い場所の筋肉を軟らかくしなければなりません。

「筋肉さえ軟らかくなれば、痛みが消えるんだ!」と、
素人の考える治療方法では悪化する危険が数多くあります。

筋肉を軟らかくする為に、考えてしまう悪化する方法は、


筋肉を揉むことを、一般的にマッサージといいますが、
緊張した筋肉をもむことにより炎症を起こします。

この状態を”揉み返し”といいます。  

腰の筋肉を揉んで揉み返しが起こった場合、
最悪の場合3日間程度立てなくなります。



筋肉を10回以上連続して叩くと、
緊張した筋肉は反発を起こし、更に硬くなります。

長く肩たたきをして痛みが増すのも、
筋肉の反発から筋肉が更に緊張しておこります。



筋肉が緊張し、痛みがある場所を強く押した場合、
激しく反発し、更に緊張します。
緊張している筋肉に対し、絶対に行っていけない一番危険な方法です。



伸ばして軟らかくなる筋肉の状態は、使って緊張した場合だけです。
運動後の”筋肉痛の状態”ですから、毎日痛みを出す筋肉を伸ばすと更に悪化します。
最悪の場合、筋肉の断裂(切れる)しますので、絶対に行ってはいけません。



痛みがあるときに病院で使う注射の成分には、

副作用に「筋肉がこわばる」「筋肉が硬くなる」「腰痛」「発熱」があります。

麻酔で一時的に痛みが軽くなった場合、「治ったと錯覚」しがちですが、
結果として、更に筋肉が硬くなってしまい、痛みが増して行きます。


腰痛アカデミー

腰痛アカデミー

腰痛アカデミー

腰痛アカデミー

腰痛アカデミー




その場しのぎで痛みは軽くなりますが、
更に筋肉を硬くして痛みが増します。



鍼やお灸では、筋肉は軟らかくなりませんので、
多少の気休めで痛みが軽くなりますが、
根本的には筋肉は軟らかくなりません。


悪化は致しませんが改善も致しません。



温めても、表面の1cm程度の筋肉しか軟らかくなりません。
下半身の痛みの原因の殆どが、腰の深部の筋肉が原因です。

筋肉の構造上、深部まで熱がとおりませんので、気休め程度にしかなりません。



筋肉が緊張しているとき、筋肉内の毛細血管が圧迫されています。
そのため、血行促進剤等を飲んでも、
血管が細くなっていますので、効果は見込めません。

血流を増やすために圧力を上げると、最悪の場合は血管が破裂します。

腰痛改善


さまざまな方法が考えられますが、
良くても表面的に1cm程度軟らかくなるだけで、
今までの治療では、腰の深部の筋肉は軟らかくなりませんでした。

更に、今までの治療の殆どが、
結果的に悪化する事を行っていました。

しかし、筋肉は”腰痛緩消法”で軟らかくなります。


筋肉が緊張している=筋肉が硬くなっている
筋肉が緊張している場所、例えば腕の”ちからこぶ”の場所を、
指先で軽く押したとき痛みがあると思います。

腰痛解消グッズ


体中、どの場所でも同じですが、
筋肉が緊張しているときは指先で押しただけでも
痛みを感じます。

筋肉が緊張していない状態=筋肉が軟らかい場所は、
「にのうで」「わきばら」「おしり」等、
タプタプしている場所です。

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式

【 腰痛アカデミー 】 サポート+教材一式

【どこでも治らない腰痛なら腰痛アカデミー】腰痛アカデミー坂戸孝志



殆どの人は、この軟らかい状態を、
”脂肪””ぜい肉”と思っています。

脂肪は筋肉の中にありますから、
脂肪を含めタプタプしている場所は筋肉です。
(脂肪と思っているのは、TVのダイエット番組等の見すぎです)

”腰痛緩消法”は、
硬くなった筋肉を、安全に軟らかくする方法です。



でん部から足先までの痛みやしびれの原因は、
腰の深部の筋肉が緊張しているためにおこります。

ご覧のとおり、”腰痛緩消法”を行った場合、
深部の筋肉まで軟らかくなります。



人間の構造上、痛みの原因が特定されており、
筋肉の構造上、物理的に筋肉を軟らかくしますので、
”腰痛緩消法”を行えば、痛みが消えると言う事です。

”腰痛緩消法”は、今までの治療方法のように悪化させず、
薬を使わず、道具を使わず、筋肉を軟らかくする事ができます。


>>更に詳しい内容はこちらから















PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
腰痛アカデミー
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

Copyright ©  -- 腰痛アカデミーの評判は? --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]